読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え中

まったく公共性のない備忘録

リレー方式で不調継続中

去年発覚した長引く病気(病気A)が軽快し始めた矢先、年末の人間ドックで消化器の摩耗(B)を指摘され、1月後半から2月初旬にかけて、お腹が痛い日々を過ごした。それが胃腸薬などで少し改善して、3月には内視鏡検査の予約もして、一段落したかと思ったところ、暖かな平日の午後にコンタクトレンズを作りに行った帰りに、喉の痛み(C)を感じ始めた。

AからBそしてCと、うまくリレー方式で引き継ぎされ、健康な日が1日もないという状況である。実際には、A、B、Cとも併存しているので、引き継ぎではないのだが。

ところで、来週からは海外出張がひかえているので、風邪なんかひいている場合ではない。しつこく塩水でうがいをして就寝したのだが、朝のどの痛みで目覚めて、今度はしつこく緑茶でうがいを。

検索するとこういうのがひっかかった。風邪予防や、風邪初期の喉の痛みぐらいなら治る勢いとか。

扇雀飴  はちみつ100%のキャンデー  57g×6袋

扇雀飴 はちみつ100%のキャンデー 57g×6袋

 

 さっそく出勤の途中で購入、一日中舐めていたらすっかりとは言わないものの、徐々に治り、翌日に一袋無くなる頃に良くなった。のどから身体に広がる前の初期対策にすばら!

 

 

 

 

広告を非表示にする

30年ぶり

先週、旧友も旧友、大学卒業以来会ってなかった友人からメールがきた。法事で帰郷の機会に食事でもということで。

残念ながらどうしても外せない仕事日だったので、翌朝の朝食を提案し、朝食を一緒に食べた。30年なんてなかったかのように、話をする友人。昔話でもなく、現在の家族のこと,仕事のこと、体調のことなど、彼女のアタマの中は「今」のことで構成されているようだ。

 

 

広告を非表示にする

消化器官の老朽化

健康診断の結果、胃の上部と食道の炎症の疑いがあることが分かった。適切な治療などを施す必要がある。しかし、散髪にすら行けないこの時期に、いったいいつ病院へいくの。

年末の検査日にはまったく自覚症状がなかったが、検査結果を知ってなのか、偶然時を同じくしてなのか、胃が痛いと自覚するようなり、少しづつ悪くなったので、応急措置として、胃酸調整を旨とする顆粒剤を買ってみた。すると3日めぐらいで非常に楽になったが、薬が切れる頃にまた痛むので、今度はなんとかブロッカーという胃酸の中和を旨とする錠剤を買った。1日で効いた。一部の病院嫌い族は、こうやって、胃腸薬の常習者になっていくのか。

広告を非表示にする

万人が妥協するデザイン

うちの暖房はエアコンのみになったので、加湿器が欠かせない。三菱重工の加湿器を使っていたけれど、去年買った2代目が3ヶ月で壊れたので、今年は旧機を使っていた。ヒーター部分がボロボロなのと、フィルターや水濾過の装置が高価なのとで、2台とも処分することにして、来年に向けてダイキンの加湿器を新調した。定番で、安定感があるけれど、デザインは昭和すぎる。加湿器を選ぶときには多角的な観点が要るので、どこかで妥協しなければならないけれど、このデザインだけはもう、どこかにうまく隠すぐらいしか対策が考えられない。

10人が妥協できるデザインと、10人のうち1人が強く好むデザインなら、前者が選ばれるのだろうけれど、いいデザインは残りの9人にとっても訴求するものがあるんじゃないか。

 

 

追記

ダイキンの加湿器は、使ってみたら静かで手入れがラクで水分を飛ばしすぎずにちゃんと潤ってすばらしい。

広告を非表示にする

フラワーショー!

チェルシーフラワーショーで優勝したアイルランド出身の実在女性をモデルにした映画。チェルシーフラワーショーといえばロンドンの高級住宅街で開かれる、由緒あるガーデニングの祭典。権威の壁に阻まれながらも、圧倒的なデザインとコンセプトで人々を魅了して金賞を受賞する。

アイルランドの自然も美しいし、花もきれいだし、面白そうだと思ってみたのだが、一瞬たりとも面白い部分はない映画だった。素材はいいのに、味付けが悪い、まさに彼の国の悪いところがでちゃっている。エチオピア旅行もいらないし、自然保護を押し売りしてくるし、主人公のメアリーはパッとしない。よくわからないロマンスをメインに見るべきか、ガーデン完成までのサクセスストーリーとみるべきかも分かりにくい。脚本が箇条書きみたいな状態だ。いいところがあるとすれば、衣装がかわいいことぐらいか。

今日は、積雪で動けなかった午前中は仕事、午後は雪かきをしてから車検、夕飯の買い物をして、テレビをつけたらBSでやっていたBritish Englishが気になって見始めたけれど、数分でギブアップしそうな映画だった。ただ、チェルシーフラワーショーとかキューガーデンとか、アイルランドのコークなんて出されると、その画像で見てしまった。

 

広告を非表示にする

新年に新調

急須の手が取れて急遽新調することになった。急須なんてどこに売っているのか、店といっても選択肢がせまいし、瀬戸物市とか焼き物祭りとかの時期でもない。

ネットで探しても、電化製品と違ってスペックとか目的とかだけで選ぶものでもない。むしろ、お茶がおいしく入るのか、メンテしやすいのかなどの実用面の情報と、色、質感、デザインなどの好み、持って手に馴染むのか、他の茶器に合うのかなどの関係性など、選択の際の観点は多角的だ。さらには、茶器の産地や種類、土の種類や場合によっては作家など、茶器の位置付けやグレードなども気になるところだ。

ざっくり、この濃尾の土はいいようで、美濃、瀬戸、四日市常滑、その他犬山なんかも実は産地としてある。特にここという好みもなく、固くて、使い込むと艶が出るような土物をひとつ買おうかということで、オンラインで常滑焼と萬古焼を物色してみた。萬古焼の普段使いの急須は、赤くて華やか、形も良さそうなのだけれど、手の先が円筒になっていて、それがどうしても気に入らない。そこで常滑焼きで、手がラッパみたいに広がっているのをポチってみた。到着したら、いずれ使用感をお披露目したい。

広告を非表示にする

明けしてまおでめとうごいざます

新年は知覚についての本を読みながら始まった。年始のお参りの後すぐに、初売りに行くという珍しいこともした。初売りにこんなに人が集まるものとは知らなかった。

さて、週末という週末がない上に、夏休みは別の仕事に追われて散髪にすら行けなかった私は、テレビ見てうとうとするのも1年ぶりという気がしている。この余裕ある状態に甘えてもいいのか、もっとそわそわした方がいいのかよく分からないまま三が日が過ぎた。

最近物忘れが激しいので初夢も覚えていないし、初詣では毎年家内安全、学業成就、交通安全の3セットで揃えているのに、今年は交通安全のお守りをもらい忘れた。なんでだ。せっかく読んだ本の内容も忘れるので虚しいのだが、日々、その場の処理だけでこなしていくのが日常となっている今、それぞれの物忘れを肯定しながら(=都合よく忘れながら)生きていくしかないようだ。

それでも、薄ぼんやりとした目標はあり、それを成すことが何かの一助になればとは思っている。

 

広告を非表示にする