考え中

まったく公共性のない備忘録

pierre de ronsard

6月後半に届いたバラの大苗、もう花の時期は終わってから届いたので、花を見るのは来年のことと考えていたら、8号ポットに鉢増ししてすぐ、蕾が2つ付いた。 時期的に摘蕾して苗を育てるべきかと思ったけれど、葉っぱの様子が悪化しなければしばらく待って蕾…

認知症のおじいさん

近所のおじいさんが、家の玄関先の植木鉢を倒したり、庭の園芸資材、植木などを持ち去ってしまったりして困っている。夜中にうちのドアのインタホンを鳴らしたりってこともあった。どうやら、うちのことが気になるらしい。 でも、ご家族はもっと大変だろうし…

松平まんじゅう 世界一うまい

たまにスーパーの特設で買う松平まんじゅうになかなか出会えないので、自分から会いにでかけてみた。しかし結局お店に辿り着く前に寄ったJAで見つけたので、本店には行けていない。 松平というのは、豊田市の奥の奥なのだ。そこにある「ふるさと本舗」という…

吉良の赤馬と出会う

このものすごく可愛い馬。 これが100円そこそこで、大正創業のお菓子やで買える。味も抜群で、中のあんこがふっくらとよく炊いてあって、後味がさっぱりしていて大変おいしい。 西尾で、お茶を買ったり抹茶のお菓子を買ったりしていて見つけた。東角園という…

富双緑地公園から伊勢湾

国道23号線は連休中のわりには空いていた。 平行して伊勢湾岸道、名神高速、国道1号線と大きな道路が走っているので、23号線に車が集中しなくなったのもあるだろう。 名古屋港を越えて、荒子川も越えて、木曽川と揖斐川を越えると三重県で、七里の渡し跡の付…

カラスエンドウにアブラムシ

庭に隣接する空き地は、2年前まではおじいさんが畑にしていたのだが、昨年はおじいさんが現れず、ネギがどんどん大きくなり、やがてセイタカアワダチソウで荒れた野原になった。 すると冬のある日、造園業者の軽トラが止まり、数日かけて畑を更地にしていっ…

八重桜

先週は満開の八重桜の並木道を散歩した。 他にも撮影している人を見かけた。 今週はもう散り始めた。 代わりにつつじが咲き始める。

Internet Explorer削除

Windows7機で、使わないIEを削除できると聞いて試してみた。 IEを開くと、バージョンは11だった。 コントロールパネルからプログラム、アンインストールと進み、更新プログラムの削除を選択、IE11をみつけてアンインストールするだけだ。 求められるままに再…

切り花ではなく花瓶で咲いた

はっきり覚えていないけれど、ハゴロモジャスミンの苗を、かれこれ4年ぐらい前のこの時期に買った。 毎年植え替えて、どんどん大きな鉢が必要になり、もうこれ以上大きくできない規模の鉢でも根詰まりを起こしている。 一昨年の植え替え時期が悪かったこと…

iPad Airのバッテリー交換

Apple正規サービスプロバイダ店頭カウンターで、ちょうど4年使ったiPad Airのバッテリー診断をしてもらったらビックリマークだったので、一晩考えて、やっぱり交換してもらうことにした。 Apple公式サイトから申し込んですぐ、宅配業者が取りに行くというメ…

岐阜名産「長良ういろ」

大須ういろや青柳ういろには馴染みがあるけれど、長良ういろを食べるのははじめて。 米感の強いもちもちのういろで、たいへん好印象だった。 ながらういろ - 桜 |長良ういろ 塩漬けの桜の花が入っていて、うっすら甘いういろに塩味を足している。 桜のめで…

iPhoneのバッテリー交換を断られた

アップルの正規サービス店でiPhoneのバッテリー交換をしてもらおうと思って予約したら、昨年末あれほど予約できなかったのに今はどの店舗も今日明日中に予約が取れるじゃないの。 とりあえず駐車できる店舗を選んで予約した。今日はその時間に行ったのだが、…

Wi-fi子機とやら

Pocket WiFiの速度が出ない時間帯があって、5GHz帯で使いたいけれど、古いThinkPadが対応していない。そこでUSBタイプのIEEE802.11ac対応Wi-Fi子機というのかUSB無線LANアダプターというのか、そういうものを刺してみた。1500円ぐらい。ドライブソフトはすぐ…

IKEAのジャムの蓋が開かない

IKEAといえば、バーコードシールが剥がれない、大きなタグが縫い付けてあるなどマイナーなやっかい案件にはあんがい悩まされる。 なかでもジャムの蓋が硬すぎる件は、関節が痛くなってきた妙齢女子には辛いやつ。そこで、備えて安心、シリコンゴムのキャップ…

iPhoneすっきり 辞書アプリの統合

物書堂 - 辞書 by 物書堂 - 製品紹介 辞書アプリを統合版に移行すべき理由とその手順 - ITmedia NEWS 詳しいことはあちこちに書いてあるので省略するが、私も統合してみた。 串刺し検索ができるのがいいのだが、物書堂で新たにiOSアプリとして登場したリーダ…

かわいすぎて購入

生まれ年のT1バスのティッシュボックスを見つけた。しばらくティッシュケースを探していたのだけれど、これはというデザインが見つかっていなかった。かといって、こういうのを探していたわけではないのだけれど。 自走はしないけれどちゃんと車輪が動く。

ノートのサイズとマージンへのこだわり

紙のサイズには国境があるので、ノートや書籍、カード、はがき、メモパッドですら、昨今では規格サイズっていうのが、無いようなあるような生活になってきた。 海外から電子メールに添付されてくる書式をプリンターで出そうとすると、レターサイズとA4サイ…

タイヤにねじが刺さる

20年以上運転してるけどタイヤにネジが刺さったのははじめてのことだ。買い物に出て、家の近所で踏んだものと思われるが、パンクしたのかと思ったら刺さっていた。 釘などが刺さっても気が付かずに走っていて埋もれて徐々に空気が抜けるケースもあるらしい。…

名古屋コーチン

ちょっと仕事でセントレアへ行き、仕事終わりに名古屋コーチンの親子丼を食べてきた。この地域では有名な三和の鶏肉だけど、他地域ではどうなんだろうか。 店はカウンター席だけなので1人で入りやすい。 親子丼。 鶏出汁のさっぱりしたお吸い物と、梅干しか…

外部ディスプレイが検出されない

支給されているパソコンで外部ディスプレイが検出されず「お使いのPCで外部ディスプレイを使うことはできません。ドライバーを再インストールするか、別のビデオカードを使ってください。」と警告されてしまった。 そういう設定にしたわけではないそうなので…

The Great British Bake Off

Dlifeでやっている「ブリティッシュベイクオフ」だが、1月にseason6が始まった。イギリスの料理コンテスト番組で、アマチュア12人ぐらい(人数はseasonによって違う)が、パンやケーキを焼いて、プロが審判し、勝ち残って優勝者を決める番組。 Dlifeのサイト…

メモリ増設 2台目

先日VAIOのメモリを増設して、少し動作が素早くなったような気がしている。 こんどは、ThinkPadのメモリを増設したが、動きの速さ云々の前に、一部の表示に不安が出てきた。 まず増設作業、その増設後に起動しようとしたらエラーで起動しない。BIOSを触らず…

カスペルスキーどこ行った

ふと気がついたらセキュリティソフトが働いていなかった。いつからだ。 マイカスペルスキーで見てみたら失効している。アクティベーションコードを入れておいたのに、うまく引き継がなかったのかもしれない。 ちょうどアップデートやら更新やらが重なり、再…

VAIOのメモリ増設

3年前になぜあれほどWindows7にこだわったのかわからないけれど、Windows10に更新しなかったPCが2台ある。 そのWin7機のうち、VAIOのHDDパソコンのメモリを今更増設した。このVAIOは法人向けのWin8からのダウングレード版を4万円台で買ったやつで、プロセッ…

はてなダイアリーの行き先

はてダをWordPressへ移行するだけして、今後どうするか考えながら寝かせてある。記事も古いので公開しないならローカルで保管ということでもいいかと思い、日記ソフトを探してみている。 iOSのDay Oneもアカウントを開いてみたもののピンとこないままだし、…

最近のブランド米

過去数年間うちの定番が魚沼産こしひかりで、いちばん買う米だったけれど、最近しばらく別の米を買っている。こしひかりは魚沼産以外も弾力と甘み、冷めてもおいしいなど、安定の良い米だが、他にも美味しい米がいろいろ開発されてきて、食べ比べが楽しい時…

道の駅 瀬戸しなの

今日は道が混んでいて、車の燃費が悪いのでスッキリ走れる道に出てちょっとドライブしようと瀬戸方面へ向かった。長久手まではかなり混んでいて、どこそこで事故渋滞だとか、そろそろ年度末だとか、いろんな情報を見ながら進んでいると、瀬戸へ抜けるあたり…

Melba ware ひび割れ

30年前に買ったMelbaの陶器の白いミルクジャグは、紅茶にミルクを入れたり、ソースを保存したり、酷使してきた。その取っ手の付け根あたりに、細長いヒビが入ってしまい、ショックを受けている。 まだ水漏れしない程度のヒビなので、現役活躍中だが、少しで…

ウィリアム・モリスと英国の壁紙展

人間ドックの帰りに松坂屋美術館で偶然みつけて見てきた。 ウィリアム・モリス以前、ウィリアム・モリス商会、アーツ・アンド・クラフツ運動など、当時の壁紙デザインの推移を時系列で紹介する展覧会。 朝早かったので、壁紙のパタンを見つめていると眠気が…

Sing Street

未来が見えなくて新天地へ自由な旅立ちをするお話はたくさんあって、どれも悲しい。80年代のダブリンは先行き不透明で、家庭も学校も大人も危うい。それなのにパワーだけのために理不尽に校則「黒い靴」を強要する。I fought the law and the law won♫という…