読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え中

まったく公共性のない備忘録

ブラウン管テレビのリサイクル

今頃、放置してあったブラウン管テレビを処分した。思い立って郵便局へ行き、リサイクル場へ持ち込んだだけ。意外と簡単だった。むしろ自宅でテレビのホコリを拭きとって車に積むところが山場だった。

まず、郵便局で手数料を含む1905円を払い、リサイクル券をテレビに貼る。その足で郊外の運送会社敷地内のリサイクル場へテレビを持ち込む。リサイクル担当者が2名いて、車からテレビを下ろしたら、すぐに近寄ってきてくれて運んでくれた。結局貼らずにテレビと一緒に渡したリサイクル券を、もう一人が処理して控えを発行してくれた。

30分以内の出来事だった。

広告を非表示にする