読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え中

まったく公共性のない備忘録

メガネ購入

4月2週目に1泊のオリエンテーションがあるということで、慌ててメガネを購入。去年一回検討していた、薄型レンズでも高くならないところを探したがネットの評判もいまいちなところしかなかったので、前回(といっても15年前かなんか)に買ったのと同じ系列の店にでも行くかと思い、とにかく朝10時に、メガネとコンタクトのケースを持って出かけた。しかし行く途中に、そういえば同じモールにあるJINSで買えばいいではないかという気になってきたので、まっすぐJINSへ。

度を入れたいというと、若い男性店員がすぐに手順を教えてくれた。まず、住所や名前を書き(いるんか?)、番号札を渡される。その間にフレーム選び。フレームはセルのエンジ系1択と思っていたので、すぐに決まった。コンタクトを外して10分ぐらいは検眼できないので、メガネでふらふら歩き回る。PCレンズにすると3900円ぐらいプラスになるそうだが、ブルーライト?は若い人のみカットすればいいそうなので、特に不要と思って普通のメガネにする。

10分後、呼ばれて検眼。強度近視で、緩めに作りたいというと、0・6にしたという。いや、0.1でいいというと、0.3にとりあえずして、これでどうかと聞かれる。良い感じになったので、0.3で決定。レンズは10日後に出来るというが、6日には間に合わせたいというと、でき次第電話くれると。(あとでカレンダー見たら、7日までに取りに行けば大丈夫だった)。

とにかく要る日に間に合った、よかった。

それにしても、15年ぐらい前に作ったきりだったので、新しいメガネ作りは懸案だった。ついにできてうれしい。こんなに簡単なら(実際1時間以内)もっと早く作ればよかった。しかも6千円だし。

ちなみに、すぐに別のメガネを作るなら、同じレンズなので測定しなくても作ってくれるという。

 

広告を非表示にする