考え中

まったく公共性のない備忘録

ペーパーが要らないドリッパー

非常に興味深かったのでつい買ってしまった。

珈琲の香りの元である油分が、紙に吸い取られてしまうことがないメタルのドリッパー。

 目が荒すぎないか心配したが、触って見るとやわらかな手触りで、とても目の細かいメッシュだと分かる。入れてみると、少し粉が落ちるが、サーバーの底にたまってからカップに注げば問題ない程度。

味は、苦味、酸味、甘みすべてが無調整で抽出されている感じ。酸味が弱めの豆に向いているんじゃないかな。ペーパーフィルターで入れたのと比べると、野性的(笑)。慣れたらペーパーの珈琲が物足りなくなるかもしれない。今のところ、両方使っている。

価格は高めだけれど、フィルターを買わなくていいなら、悪くない。

 

追記:香りもさることながら甘みが出るのが気に入っている。サーバーに油分がついてすぐ曇るので、オイルが紙に吸い取られてないことがわかる。

 

広告を非表示にする