読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え中

まったく公共性のない備忘録

書斎の改造まだまだ

連日、仕事の合間にあちこちのホームセンターに寄って、メタルラックや収納家具やDIYのコーナーを見て回る。

寸法、デザイン、機能性、部屋の限界、予算の限界などを全て加味して、特にこれといった打開策が見つからないまま、1週間が過ぎた。

そんなある日、ふとアイデアが。

120センチの座卓は、45センチのおそろい座卓2つを土台に、デスクに進化した。足の間に竹カゴなどを入れれば、両袖の机のようになる。左袖にはプリンターを入れた。色もぴったりだし、少し隠れるのもいい。

ちょっと右袖の下辺りが見苦しいので、手前にL字型になるようにキューブのオープンラック的なものを置けば、収納もできてプライベート空間も作れて一石二鳥。(プライベート空間と言っても、書斎全体がプライベート空間なわけなのだが)。机と同じ高さでLにできれば、机面積が増えるのでなおいいのだが。

 

広告を非表示にする