考え中

まったく公共性のない備忘録

出生証明書

アメリカ合衆国で生まれると日本人国籍の両親から生まれたとしても二重国籍が可能になる。22歳だったかまでに一方を選ぶのか、捨てるのか、するらしい。

私は現在の住所のある区で生まれたので、日本国籍しかなけれど、仕事で二重の人がアメリカ入国の際にはアメリカのパスポートで入国しなければならないと聞いた。そりゃ、アメリカ人なのだから、なるほどだ。

で、日本人でもあるので、日本の出国時は日本のパスポートで、帰国時もそうなる。どっちも帰国になるのだ。

そのアメリカのパスポートをとるのに、パスポート自体は日本の領事館で取れるけれど、出生証明書原本がいるそうで、その証明書をアメリカから取り寄せなければならず、そのためにVital Recordのサイトでbirth certificateを申請するのである。

英語を読み解いて、手持ちのIDなどをアップロードして、返事を待つ。2営業日で書類チェック、その後不備があったら連絡するということだったが、意外にもあっという間に自宅へ郵送されてきたそうだ。

 

広告を非表示にする