考え中

まったく公共性のない備忘録

フロッピー・リッピ

 前回の、このエントリーで「リッピ」の絵について書こうとした後、私どこかでフィリッポ・リッピについて書いたけど、どこでだったか?と思い出そうとしたのだが…

mihalita.hatenablog.com

 

もしかしたら、昔公開していた「ホームページ」なるところで書いたような気がする、しかしその「ホームページ」は、もうない。

ないというか、フロッピーディスクにバックアップした記憶はある。ただし、ディスクドライブがないので、「ない」に等しい。

戯れに、amazonで検索したら中古IBMのドライブが送料を入れても1000円以内で買えることがわかり、戯れにポチ。

すぐに配達された箱から取り出し、ThinkpadWindows7)に差し込んだら、即使用可能の素敵なやつだった。そこに、1998年とか99年とか、新しくても2001年とかいう頃に保存した「ホームページ」(。>﹏<。)を、2016年の今!読み込む。

懐かしいけど、恥ずかしい。よくこんなものを公開していたもんだ。文章も稚拙だし、写真も初期のフラットスキャナクオリティだ。

お目当てのフィリポ・リッピもクソみたいな文が書いてあったが、何の参考にもならなかった。年はとったけど、どんなに綺麗な洋服が似合うといっても若いころには絶対戻りたくない。

 

…と、ここまで書いたが、現在のクオリティにも恥ずかしさを感じていることを申し添えたい。

広告を非表示にする