読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え中

まったく公共性のない備忘録

iPhoneのsim運用(上)いろいろ調べた編

J-phone時代からVodafoneソフトバンクと、長年の機種変で現在に至るが、ここに来て大手通信会社の2年縛りやうんざりプランから外れ、simを買う方向で考え始めた。結局WiMAX2でもお世話になっているBIGLOBEで決めたけど、mineoとかUQとか、それぞれ悪くない。

そもそも、電話をかけることは、半年に1回ぐらい。LINE電話もある。データ通信についてはWiMAX2+の端末があるから、これでWi-fiだけで接続していれば事足りるのだが、社会的には090の電話番号がないのは、ちょっと信用問題かもしれないと思い、simの中でも、データだけではなく音声通信もできるものを選択。

というわけで、これからソフトバンクの解約という面倒なことをしなければならない。2年縛りといっても、実質26ヶ月縛りなので、2年おきにだんだん契約更新月が後ろへずれる。私の場合、今年は10月とか11月とか、iPhoneのことなど構ってられない繁忙な時期に更新である。一昨年はちなみに、同じように9月まで待てずに機種変したので割賦の残を少し払った。今回も後2ヶ月で更新月だけど、もう待たずに違約金払って、割賦残も払ってsimフリーにすることにした(まだ、やってない)。

実際には、今月がほんとの2年だから!!

…さて、その解約の前にiPhoneを工場出荷状態に戻すという作業があり、その前に、箱や付属品を探すという作業もある(まだ、やってない)。

無事に解約できたら、今度はiPhone持って、Apple Storeへ行って下取りに出すのと同時に新機種入手という作業に入る。店舗だと新機種の購入額から下取り価格を引いてくれるという(公式サイト)。でも、iPhoneのお目当て機種のお目当てデザインの在庫があるかないか、その辺は気になる。

そうした頃にsimが届くので、そのiPhoneをアクティベートしたり、プロファイル設定したり、あれこれしないといけないみたいである。それで、また不具合とか、あれができない、これができないなど(iCloudのバックアップから復元されないだの、メールのパスワードが分からないだの)なるに違いない。

早く、全部すませてラクになりたい。

 

 

 

 

広告を非表示にする