考え中

まったく公共性のない備忘録

まだカーテンはない

最近は窓枠のない家が多く、カーテンレールをつけようにも石膏ボードではスカスカでネジが入らない。アンカーというネジ固定用の地盤がためのようなものもあるが、限界がある。

それで、下地(石膏ボードの奥の木の構造)を探してレールをつけるのだが、何故かうちはその木が、窓の上20センチのところに渡してある。よって、窓の上20センチからカーテンが始まる。ちょっと上の方過ぎる。どうせならその付近まで全部窓にしておいてくれよと思っている。

 

下地を探すために、円柱形の注射器具のような道具を購入した。注射するように後部を押して壁に針金を「ぶっ刺す」という使い方をする。先は磁石になっていて、木材構造をつなぐ金具を探知するので、その付近をブスっとやるのだが、目立たないとはいえ穴だらけになる。

広告を非表示にする