読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考え中

まったく公共性のない備忘録

病気A

昨年度から続く病気Aの検査日だった。採血されて待つこと1時間、診察室で結果を見ると、HもLもない(Hは基準値より高すぎ、Lは低すぎ)。つまり、正常値ということだ。

ただしこの正常値は、毎日錠剤を服用してのことなので、薬をやめると再発するらしい。また3ヶ月はこの調子で服用しながら様子を見るとのこと。

それでも正常値に戻って体調がかなり健やかに感じる。寛解まで数ヶ月、だといいが。

 

広告を非表示にする

日本橋と吉祥寺

出張マンです。

朝早めに家を出て、出張先に行く前に日本橋で遊んでみた。

まず、丸善で物欲が爆発してペンギン・ブックスのトートバッグをたくさん買い、さらにBRITISH GREENの財布も買い、この上、万年筆も買いそうになりながらなんとか見るだけにとどめて、ハヤシライス(早矢仕ね)を食べた。紳士の本屋だね、ここは。

さらに重要文化財タカシマヤで、ここでもフルラのかばんを買いそうになりながら、なんとか踏みとどまって、ダーマトグラフのキャップ候補と万年筆用のインクを購入。

仕事も終わり、吉祥寺の駅で夕飯を買おうと思ってフラフラしたら、アトレ吉祥寺の中に入り込んだ。アトレがおしゃれすぎてクラクラした。午前中見た高島屋の地下食品売り場が完全によそ行きの古き良き「百貨店」なら、アトレ吉祥寺はパリ郊外の朝市かニューヨークの上質健康志向カフェのようなあざとい”日常”が演出されている。

東京の物価は総じて高い。先日某海外の都市で物価がちょい高だと思ったのは、自分の地元と比較してしまっていたからで、東京と比べたら恐い都市なんてないということだ。

広告を非表示にする

予想外の疲れ

胃カメラのあと、鼻血が止まらなくなって出かけられなくなり、夕飯の買い物にいけなくなった。夜遅くなって出血が治まったかに感じたので少し家を出てみたところ、買い物未遂のまま流血し、外出先から血だらけになって帰宅した。

2日めの午後にやっと落ち着いて、遊びの約束にティッシュ一箱持参した。

翌日は仕事だったが、やっと平常通り。

 

 

広告を非表示にする

胃カメラの日

胃にカメラが入っている時間は長くても10分程度、全体で30分もあれば終わるという。

 

そんな看護師さんの説明を胸に、嫌々ながら車で病院へ。ちなみに、鎮静剤を使う人は車ではなく電車と徒歩で行かなければならない。私は鎮静剤でボーっとすると、後が大変そうなので、無しで。

 

9時に着いて、身支度をしたあと(スリッパに履き替えるぐらいだけど)、胃カメラ用の部屋に呼ばれた。いよいよだ。

 

ベッドに寝かされ、血圧をはかり、胃の内部をきれいに見えるようにする液体を飲んだり、鼻に止血スプレーをかけたり、麻酔のゼリーを流し込んだりして、準備したあと、体勢を整え待つこと数分。主治医登場。

 

9時半には内視鏡検査は終わり、10時には診断結果が出たので、あっという間ではある。

それでも、鼻から胃にいれる間は気持ち悪いし、鼻ものども少し痛いし、唾液はダラダラ出るし、人生で何度もやりたいものではない。毎年やる人がいるのは信じられない。

 

鼻血が止まらなくなった以外は、すぐに日常生活に戻れる。

 

診断結果だが、やはり少し炎症はあるものの、このぐらいでわざわざ胃カメラ飲む必要はないわ、と言われる程度の軽微な症状だとのこと。十二指腸は健康そのもので、胃ポリープはあるのか無いのか、ああ、あるね、という程度、少し気になることがあるとすれば、食道に胃酸が逆流する傾向にあることぐらいなので、食後すぐには横になるなとのこと。

 

検査料は診察も入れて4000円弱。

 

というわけで、ちょっと膝が痛い健康な人…ということになったので、あんまり体調や食事は気にしすぎずに仕事に励むことにする。

広告を非表示にする

リレーは続く

 風邪で喉が痛いぐらいはすぐに良くなったのだが、その後、別の病気にタスキが渡された。

mihalita.hatenablog.com

 

長引く病気Aは今月末に検査日があるが、いまのところ問題ない。

人間ドックで指摘された消化器官の消耗問題Bは、明日が内視鏡予約日である。明日のエントリーをお楽しみに。

Cははちみつ100%キャンディで治癒した。

 

その直後、膝の痛みDが始まった。

 

まとめると、今現在、胃が重い症状と、階段が上がりにくいなどの症状を抱えている。

 

昨夜、久しぶりに追い詰められる夢を見て夜中に目覚めたのだが、それ以来、膝が痛いので、いよいよ魔物の仕業かもしれないと信じ始めている。

広告を非表示にする

ブリジット・ジョーンズの日記

行きの飛行機で、ドクター・ストレンジを見ようとしたら、私の席のヘッドホンから音が出ず、ストレンジは字幕無しでまくし立てる感じだったので、仕方なく絵面だけでよく分かるマーク・ダーシーとブリジット・ジョーンズの「その後」を見ましたよ。

実際には英語サブタイトルを出して、ものすごい速さで英文を読みながら爆笑するという忙しいことをしました。

みんな歳を取ってしまっているのに、なんでやっちゃったんだろうと思わないこともなかった。

 

広告を非表示にする

成田経由でメガネを紛失

ハロー、ハロー、某外国に来ています。

出張です。

成田で国際線に乗り換えるときに、コンタクトレンズからメガネへ変えようと思い、トイレに入りましたが、気を変えてコンタクトレンズのまま出国することにしたことが災いし、メガネをケースごとトイレにおいてきたバカ野郎です。

ホテルの部屋にて、夕方にはコンタクトレンズを外したくなってくるというのに、それも叶わず肩こりです。

まあ、それ以上の不便はないのでいいとしましょう。出発のとき、ふと「メガネ2つ要るかな」と思った時点に戻ってスーツケースに予備メガネ入れたい野郎です。

それ以外は問題ないかというと、意外とそうでもなく、ホテルの部屋が狭くて、シャワーしかないのでびっくりしているところです。

問題は他にもあるけど、ちょっとここに書くようなことではないので、さっさと寝て、せめて疲れを取ることにします。

月曜には既婚のイケメンとランチをともにしながら、ビジネスの話をするというブリジット・ジョーンズみたいなことをしなければならないし、夏の青空でも何も楽しくありません!

広告を非表示にする