考え中

まったく公共性のない備忘録

ファブリック・デュ・スリールの桃パフェ

http://dusourire.com/

桃のパフェを食べてきた。桃まるごとぽっかり載っている。

それがうまいのはもちろん、クリームもカスタードもいいもので、中からシャーベットとアイスが出てくる。

 

桃パフェは7月と8月だけとのこと。

かなり映(ば)えていたけど、iPhoneを持ってなかった。

しかし映像より味わいに気持ちを集中して、帰宅後も、果汁の余韻を楽しんでいる。

 

 

WX03バッテリパック膨張

WiMAXのポケットワイファイの蓋が閉まらなくなった。バッテリーが膨張しているのだ。プロバイダはUQ横流しサービスなので対応はUQのまかせになっている。NECに電話したら1年保証で、私のは1年と5ヶ月経っているので、保証できないという。UQが無償で新機種に交換してくれるのは22ヶ月からで、あと5ヶ月先だ。こんな谷間にはまったのは初めてじゃない。前回のnadのときもファームアップで接続できなくなり、機器の交換などをしていない(2年縛りの契約なのに)というので、アマゾンで適当に注文したモデムで半年ぐらいやりすごした。

それを出してきて今接続している。WX03のバッテリはしばらくお休みさせて、運良くしぼんだらまた数ヶ月だけ使おう。

いつも夏のお盆の時期にWi-Fi問題が起きる。明日から8月だ。

椅子考

椅子に夢中だ。椅子は面白い。構造、機能、姿、デザインや色、素材、サイズ感、何もかもがひとつの椅子に集約されて椅子宇宙といいたくなる。

椅子は単体では評価できない。椅子と椅子とが調和したり、椅子と他の家具や部屋の雰囲気が調和したりして、バランスや緊張を作る。いい椅子は環境との関係の中にある。捨てようと思っていた椅子が新たな環境で輝くときもある。他の家具に比べても、椅子の他への依存度は高く、関係の中で評価される。

市場に出回る椅子には数にもデザイン数にも限界があるが、椅子の可能性は広い。少しの違い、脚の形状や座椅子の色、背もたれの湾曲、素材、何億万通り以上の組み合わせが可能であり、それらはまだ試されていない。

椅子の欠点は、いや、欠点ではないのだけれど、現実的な問題として高価格ということがある。椅子をあまく見ていると、椅子ごときにこんなに払えるかという気持ちになる。しかし椅子を考えれば考えるほど、椅子の価格は他の家具よりも高くなってしまうのは致し方ないことと分かってくる。

かといって、椅子は必需品というほどでもない。なければないでなんとかなる。それが椅子の依存的な本質でもある。

洗濯槽の洗浄

洗濯機を長年使うと黒カビが出て洗濯物につくというのは話として聞いたことがあるけれど実際に体験したことがなかった。このたび初めてそれに該当するかもしれない現象を体験して、洗濯槽クリーナーと呼ばれる製品を買ってきた。昨夜それを洗濯槽に1本ぶちこみ、「槽洗浄」というコースを選んでスタートしてみた。夜寝る前になってもまだ洗浄していたので、なかなか長いものだなと思ってそのまま寝た。夜の時点では時間の表示もなにも出ていなかった。起きてみると、洗濯機がまだ活動中で、ただし残り時間が表示されていて、71分となっていた。

調べてみると11時間~13時間かかるものらしい。

朝食後についに洗浄が終わった。中を確認しても見てわかるような変化はない。フィルター内のゴミが漂白されていた。とりあえず洗濯してみるか。

アザミかアイリスか

イギリスのErcol社のアンティーク家具で、シスルバックチェアと呼ばれている椅子がある。シスルはthistle、あざみだ。背もたれに3本、アザミの花らしき意匠が透かし彫りになっている。ケルト感のあるデザインといえばいえる。アンティーク家具店で定期的に入荷する椅子だが、イギリス本国では検索しても一個も見つからない。

Ercolで調べると、同じデザインの椅子がfleur de lys chairという名前で出てくる。フランス語だ。ユリの紋章に使われる、実際にはアイリスと言ったほうがいい。

アザミ、ユリ、アイリス、それ以外・・・どれが正しいのだろうか。

どうしてこうなったんだろう。

 

大腸内部は健康そのものだった

内視鏡検査の結果、大腸内に異常はなかった。過形成性ポリープというのがひとつあったけれど、それは問題ないそうで取らなかった。

検査は横向きに寝てやると思っていたら、横向きで開始、うつ伏せ、反対の横向きと体位を変えていくことが最中に分かった。

胃の内視鏡より時間は長かったけれど、それは腸の長さが内視鏡の長旅に関係していると分かった。

串刺しにされている感じはあるけれど、痛みはとくになく、便秘の便が出る時の感覚程度だった。むしろ前日の腸の洗浄の方が精神的に疲れた。

帰宅後たくさん食べて、疲れてぐったり眠り、起きてまたたくさん食べた。

この腸の張りや脚のしびれの原因はいったいなにかという課題がさらに残った。

大腸内視鏡検査をするよ(乞うご期待)

水曜に大腸内視鏡検査をすることになった。

明日は前日の食事制限なので、今日のうちに牛乳を飲み干し、キウイやトマト、アボカドなど、日持ちしないものを食べきっておいた。

明日は食物繊維を極力避け、お酒や薬も飲まず、おかゆやうどんを汁だけで食べる日になる。食パンもバターなしならOKらしいので、バナナ(これも唯一OK)と一緒に食べる予定で買い物した。あとは大量の水、水と言ってもポカリやお茶など、水以外の飲み物を半分以上摂らなくてはいけない。

 

今日はもらった下剤(ソルダナ錠)を飲んだ。お腹が張っていたのが、さらにパンパンになってきて、口から出そうで不快である。順調に明後日に内視鏡検査ができるのか、乞うご期待。

 

 

To Walk Invisible

BBCドラマ"To Walk Invisible The Bronte Sisters" を見た。

新年からいろいろあって、テレビも見ていなかったけれど、5月の連休明けに仕事が一段落して、それまでの休暇をまとめて取っているような毎日(それではいけないのだけれど)。

 

ブロンテシスターズ、なかなかキャラが立っていて、基本的には次女エミリーが癖が強いという設定なのだが、長女シャーロットも濃い。3女のアンが出てくるとちょっとホッとするぐらい。

父パトリックと兄弟のブランウェルがゆるゆるで家庭崩壊状態で、母親は結核でなくなっており、なるほど苦労した3姉妹だったことが分かる。それで、invisibleな状態で家族にも内緒で脚光を浴びることになるのだが、見ていて、それは悔しさではなくて、希望が持てる部分だった。

 

 

 

下腹部雑感

切除したポリープその他の検査結果が出たので聞きに行った。結論としてすべて良性でなんの異常もない。それはよかった。

しかし下腹部の違和感と右足の閉塞感は続いている。それぞれ別々の異常なのか、関連しているのか分からないけれど、一進一退を続ける症状をなんとなく受け止めながら、新たな局面(次の病院)へ行けるのはいつだろうかとぼんやり考えている。

 

やっと診察

ポリープを2つ、パチンパチンと切ってもらった。ちょっと診察のつもりが、その場で切除となった。悪性かどうかは10日後に分かるとのこと。足の不調もこれが原因だったかもしれないので経過観察中。

ついでに関節が痛いのにも生活改善指導をしてもらった。

 

また体調不良

ある3月の朝、太もも裏下部の内膝寄りの辺りに違和感を感じた。持病が関係有るのかと思って薬を飲んだけれど、治らないばかりか違和感が広範囲に広がった。

病院に行けない日が続いて、4月に入り、余計に忙しくて放置していた。良くなったり悪くなったり、原因も分からない。

それでも出張や仕事をこなしていたら、4月の半ばに今度はもう一方の足のふくらはぎに違和感が出た。両足となると、予想する病気も変わってくる。

結局、今日もまだわからないままで、明日こそと思っている(病院)。

Windows10のみWi-Fi接続できなくなる

久しぶりにWindowsへの不満爆発案件が。

朝起きたらネットに繋がらない。時間が無駄に消費されて解決しない。

別のPCで検索しながら、対応策が見つかるたびに問題のPCに戻って対処、となるのもわずらわしい。

 

Windows10だけ接続できない

昨日からWindows10だけインターネット接続警告マークだった。つまりルータとパソコンはつながっているのだ。トラブルシューティングの結果は以下のとおり。

見つかった問題 ”イーサネット”には有効なIP構成がありません。 未解決

なお、Windows7Apple系機器も、プリンタもテレビもKindleも全く問題ない。iPhoneとテレビでYoutubeつないで快適に見たぐらいなので、容量の制限も起きていない。さらに、LTEで接続してみても、iPhoneからの共有はできるけれど、ネットにはつながらない。

 

イーサネットの設定は問題じゃない

検索したら、2016年、2017年と何度もWindows10はこの問題を起こしているらしい。

Windows10の問題だってことは確定(もう確信していたけど)した。

アップデート後につながらなくなって、皆さんあれこれ試している。そのうち、昔からよくやる対処(パソコン再起動、ルータ再起動、ネットワーク一旦削除で再設定など)は、だめらしいことが分かった。イーサネットの設定を変えてつながるなどの報告をしている人もいたが、今回はそれが効かない。

 

スタートアップとシャットダウンに問題があった

Windows10は高速スタートアップ、つまり電源入れてすぐ使えるように完全にシャットダウンしない方法をデフォルト採用していて、それをちゃんと説明していない。

だから、ネット接続に限らず、周辺機器が認識されないなどの問題も起こりうる。Windowsアップデート後にWindowsの「自動的に再起動」を選ばず、自分でシャットダウンし、翌日普通にスタートすると、そういう問題が起こる。

 

高速スタートアップを無効にする

高速スタートアップを無効にし、パソコンを完全にシャットダウンするには、設定を変える方法と、その1回限りの完全シャットダウンの方法の2種類の方法がある。

コントロールパネルの電源オプションから「高速スタートアップを有効にする」のチェックを外すのが前者、Shiftキー押しながらシャットダウンするのが後者。Shiftは再起動でも使える。

 

解決

完全シャットダウンして、起動してみたら起動するか否かという段階でネットに接続できてセキュリティソフトの定義アップデートが始まった。Dropboxも勢いよく同期を始めた。

Web チェックイン考

Webチェックインで、往路は空港に早朝行かなくても済んだり、特設カウンターで荷物預けたりできてよかった。

復路は現地ホテルにビジネスセンターなどのプリンター有りのパソコンがないと困るし、それができても、今回のように仁川国際空港第1ターミナルで「Webチェックイン済み」と申告しても同じ列に並ばされたりした場合は意味がない。

かと思うかもしれないけれど、座席指定ができるのがありがたい。昨今、みんな指定しているからか、残席は通路側が空いていない事が多く、トイレ近いマンは泣く。

航空会社によっても、チケットの種類によっても、何時間前からWeb解禁になるのかは事情が異なるけれど、出発前に帰りの便のチェックインができるケースがいちばんいい。48時間ばかりだと(今回そうだった)、帰り便は現地でチェックインなので上記のようなことになる。

 

KTのsimとT-moneyカード

KT isはKorea Telecom、韓国最大の通信事業社だとのこと。旅行者用のsimを買った話は以下のとおり。

 

mihalita.hatenablog.com

 

このページにも書いたとおり5日間、上限なしのデータプランで27500ウォン。その後3日間、simのおかげでホテルの不安定でオープン過ぎるWi-Fiは余り使わずにLTE通信し続けたところ、1.2GB使ったところで帰国便に搭乗した。打合せ中の資料提示のためのタブレットも、寝る前の動画鑑賞も全部LTEだった。

なお、最後にキンドルの本をダウンロードしてから搭乗したけれど、ずっと機内上映映画を見ていて結局読書はしなかった。

そうすると、1日1000円弱なので決して安くはないけれど、5泊すればまあまあなsimかもしれない。最短で5日だけれど、その上に10日で38500ウォンのデータsimがある。これだと買いだと思う。

プリベイドデータSIM | KT ローミングサービス

SIMカードの種類(※ 消費税を含む)

券種   利用期間
27,500ウォン 5日
38,500ウォン 10日
71,500ウォン 30日

 

 

T-moneyカードの方は、カードを使うことで通常運賃より100ウォンぐらい安く移動できるので、その分だけでも割安なのだが、運賃のことより便利さが大きかった。

夕飯に出たり、韓屋村に行ったりで、毎日1駅か2駅を往復していたので、3000ウォンぐらいが3日間と、空港~ソウル市内への移動に往復で10000ウォン程度使ったので、カード残高は1000ウォン(100円ぐらい)だろうと思う。

なお、T-moneyカードといっても空港で買えたのは

Korea Tourカード :韓国観光公社公式サイト

という旅行者用のカードで、カード購入費用の4000ウォンの返金はできないらしい。

 

 

 

帰国便待ち

着いてすぐだけどもう帰国。メインは昨日の打ち合わせだったので、用事は済んで帰るだけだ。

今朝はホテルに荷物を預けて北村韓屋村という観光地をぶらぶらしてきた。韓屋村というのは韓国の伝統家屋のことで、それが密集する地域を保存して観光資源としているのだ。民家なので普通の人が住んでいる地域でもある。

半日しか無いので北村ではなく益善洞韓屋村という近くて小ぶりで新しい韓屋村へ行ったのだが、どこも11時か12時にならないとOPENにならないようなのだ。だったら午前は景色を眺めるしか無いので、高台にあって眺めがいいという北村韓屋村の方まで歩くことにした。

このあたりは地下鉄で言うとソウル地下鉄5号線の鐘路3街という駅の近所で、景福宮と昌徳宮に挟まれた辺りである。それは以前に訪れた。宗廟もある。しかし火曜は定休日ということで残念ながら韓屋村歩き一択(残念ではないけど)になった。

北村韓屋村は、最寄り駅でいうと地下鉄3号線の安国駅というところで、鐘路3街から地下鉄に乗ってもいいのだが、歩いても15分ぐらいである。途中、雲峴宮という李氏朝鮮時代の宮殿があるので中を拝見。

f:id:mihalita:20180227114251j:plain

北村韓屋村

すぐ次の交差点がもう安国駅なのだが、インフォメーションがあるというのでそちらにまず寄った。ここで簡単な地図をもらい説明を聞くと効率よく築百年以上経ってるという家を見た後、絶景ポイントへ行ける。坂の両脇に続く味わいある民家を見ながら歩くのはハイキング感覚なので、明洞へ行く感じの服装ではなくハイキング的な出で立ちがいいと思う。

その後また歩いて益善洞の方の韓屋村へ戻り、韓国茶のカフェでくつろいだ。ちなみに、歩いて戻る途中、栗餡や豆餡が入った餡パンの店があって道草したので、空腹ではない。お茶は五味茶(実は前日に飲んだ)やよもぎ茶など、なんとなく分かるものから、全くわからないものまで10種類ぐらいあった。

f:id:mihalita:20180227123652j:plain

トゥルアン



桑の葉茶を選んで餅菓子とともに注文。桑の葉茶はくせのないちょっとした香りのあるお茶で、やわらかい。餅菓子はよもぎ餅だった。蒸したてなのか、暖かく柔らかい。よもぎの葉っぱが練り込んである。真ん中に水飴が入った小さな器が乗っていて、その反対にはかるかんみたいなふわっとした米菓子に豆がたくさん入ったお菓子が3つ4つ載っている。ずいぶん一人分には多いけれどとても美味しいので難なく入っていく。

f:id:mihalita:20180227125109j:plain

桑の葉

そろそろ空港へ移動する時間になったので、店を出て地下鉄駅へ向かうが、寒い。2化前に着いた時からずいぶん春めいて暖かいと思っていたけれど、今日は少し気温が低くなったようだ。

韓国に来て、色んな種類のお茶を飲んだ。今もとうもろこしのお茶を飲みながらこれを書いている。